足場のプロフェッショナル集団。京都、奈良の足場ならお任せください。

NEWSニュース

自分に合う仕事の見つけ方 其の一「三つ子の魂百まで」

「三つ子の魂百まで」

生まれ持った人の核のようなものは変えられないそうだ。

 

幼少期、たくさんの人と遊ぶことが好きだった

それとも一人遊びが好きだったのか。

育つ環境にもよるけれど

 

小さい時、自分はどんな遊びが好きだったのか。

 

ある鳶職人のお母さんが言っていた

「あの子が小さい時、えらい静かやなと思ったら

台所で食卓の椅子のネジを一生懸命外してたんや。

椅子と椅子の足を結んでつなげたり。黙々と一生懸命やってたわ。」

 

幼少期にその人の核となるものが現れているらしい。

仕事選びに自分の幼少期を思い出してみるのもいいと思う。

 

ある鳶職人さんがテレビに出ていた。

その人の小さい頃の遊びは木登りだったそう。

 

 

もちろん、鳶職人=高いところが好きではない。

鳶職の仕事にはたくさんの要素がつまっている。

 

無から組むことによって形ができること

建物の形によって様々な足場の組み方を考える

鳶職人さんそれぞれ組み方もやり方も違うらしい

それぞれを合わせることによってできる足場

 

建物を建てるために足場を立てる

足場が無ければ建物は建てることはできない。

 

そんな縁の下の力持ち。

表舞台には出ないけれど

無くてはならないもの・・・足場

 

小さい時、自分はどんな子供で

どんなことが大好きだったのか。

鳶職人となってる人は

小さい頃の何かが鳶職とリンクしている。

 

一人ではできない仕事

人を信頼しないとできない仕事

命を懸ける仕事

 

鳶職という仕事は知れば知るほど大好きになっていく

そして

かっこいい

ニュース一覧

pagetop

このページの先頭へ